名古屋市緑区【東海自動車学校】スタッフBLOG

名古屋市緑区の自動車学校【東海自動車学校】スタッフのあれこれ
by driveschool
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


テレビ

みささん、おはようございます。
ブログの苦手な久野です。
(久野って誰だ・・・??っていう人、知らなくていいですよ(笑))

最近地デジに移行しましたが対応してますか?うちのテレビは12年前のブラウン管(32インチ)ですがケーブルTVに入っていいるので何とか見れてますが、画面全体が赤~くなってきていて気持ち悪いです。誰か買い替えてやってください。。。ちなみに指導員の溜まり場の指導員室のTVは地デジ非対応のため映らなくなりました(涙)

それはいいとして、今も前からもよくテレビを見ているのですが、最近は子供の付き合い(?)で子供向け番組をよく見ます。Eテレのいないいないばぁ、おかあさんといっしょ、みぃつけた、はなかっぱ、ピタゴラスイッチ、とかとか・・・、あとよく見るのはアンパンマン。

アンパンマンってすごく長いですよね。僕が子供のころもテレビでやってましたからね。
最近見て思ったのが、キャラがものすごく増えている!!
メロンパンナちゃんにロールパンナちゃんにあとは・・・・・・・・コキンちゃんとか。
すぐには思い出せませんがとにかく多い!!
何でもキャラにしちゃえ~くらいの勢いではないだろうか(笑)
アンパンマン辞典みたいなのがあっても不思議ではないと思う。

でも、見てて思うのが・・・
アンパンマン弱すぎ!!
顔がちょっと濡れただけでパワーダウン。
顔がちょっと変形しただけでパワーダウン。
顔のアンパンをひとかけあげただけでパワーダウン・・・。
もっと頑張れアンパンマンってよく思います。
それと、交換した顔の残骸はどこへ???

まぁ、アニメなので気にしすぎてはいけませんね。

子供向け番組も見ているとけっこうおもしろいので皆さんも見てみてはいかがですか。(って見ないか)
c0188540_1710145.jpg

[PR]

by driveschool | 2011-07-31 08:00 | 久野 指導員

ドリャーおじさん

名勝地、福井の東尋坊(自殺の名所でも有名)からどりゃーと飛び込んでしまうおじさんがいたそうな。
1989年に探偵ナイトスクープで放送されたらしいです。
「そりゃ、もうほんっと危ないところですからね。ほんとにこれは危険なとこです。」と言いながら「ドリャ~」と飛び込むドリャーおじさん(笑)

自殺者が飛びこもうと迷ってる横をすごい勢いで走り抜け、どりゃーといいながら、黄色いビキニパンツ一丁で先に飛び込み、崖を這い上がって、自殺を止めた伝説も持つ偉い?人なのです。
自殺志願者もポカーンですよね。。

本人は男のロマンと言っていますが、今もいるのでしょうか?
調べてみたらWikipediaにも載っていました。
【ドリャーおじさん】
「かつては、飛び降りても簡単に死なないことをアピールするために敢えて飛び込みを実演する者もいた。一部の者からは「ドリャーおじさん」との愛称で呼ばれ、通算2万回以上飛び降りては断崖絶壁をはい上がるという行為を繰り返した。」
参照画像
http://osakadai324.weblogs.jp/ayaseharuka/2008/08/post-533e.html

追加2009年まで目撃情報ありました。
[PR]

by driveschool | 2011-07-11 13:08 | 鈴木 指導員

浄水器使ってますか?

あいかわらず半分どーでもいい情報をどこかで拾ってくる鈴木です。
先日家にものすごく高価な浄水器を売りに来た人がいたので(帰っていただきましたが)調べてみました。

一口に「水道水」といっても、その水質は日本各地で異なります。それは、どの水を使うかによって変わるからです。もともときれいな水よりも、汚い水をきれいにする方が手間がかかることは分かりますよね?合わせて、そこに住む人数によって1軒あたりの負担額が変わるので、水道料金は地域によって10倍近い差が生まれます。(月に1,000円未満~1万円以上)

ここで注目して欲しいのが、浄水施設でろ過された水は、おいしい水だということ。実際、東京都の水道局などが浄水施設の水をペットボトルで販売するなどして、そのおいしさをアピールしています。

水道水に入ってる消毒用のカルキって、においが気になりますよね。ただの保存用で浄水場から一般家庭に送る段階で混ぜています。
カルキ(塩素)には有機物と混ざって発がん性物質(トリハロメタン)を出すってのも聞いたことありますよね。今回のどーでもいい情報は、浄水器使わずに、カルキを簡単に飛ばす方法(超お手軽)

まずは、古典的な方法
1、沸騰させる(でもこれは時間がかかる)そして、水道水を沸騰させると、塩素が有機物と化合して、さらにトリハロメタンが2~3倍に増えるそうです。しかも沸騰させた直後が、一番多くなるとのこと。
15~20分ほど沸騰を続ければ、トリハロメタンはなくなるといわれていますが、ひじきに含まれるヒ素と同じで気にしなくてもいい値だそうです。



もっといい方法があります。

2、食卓レモンをコップに1,2滴加える。加えるレモンの香りで塩素臭さが気にならなくなる…のではありません。レモンに含まれるビタミンCが塩素と化学反応を起こして、塩素以外の物質(酸化ビタミンC+水+塩)に変化するので、本当に塩素(カルキ)がなくなるのです。
実は水を沸騰させると塩素がなくなるというのも、沸騰して塩素が揮発しているのではなくて、水の中に含まれる有機物と化学反応を起こして、塩素が別の物質に変化している、という説もあります。

もっともっといい方法

3、これはオススメです。2010年時点で最も優れたカルキ(塩素)除去方法は、粉末のビタミンCを使うことです!(ただし飲み水に使用する場合、食用の粉末ビタミンCに限る)

塩素を除去するには理論上、水道水1リットルあたり、ビタミンC 3mgで中和できます。耳かき一杯が20mgなので、本当にほんのわずかでいいことが分かりますよね。いちいち量るのも面倒なので、ドレッシング容器などに詰めて、ふりかけのようにサッサッと入れるのがお手軽です。
保存や携帯に圧倒的に有利です。
浄水器を買うよりも安価で、メーカーが倒産して無くなってフィルターが手に入らなくなることもありません。
ちなみに業者さんが言うには、名古屋は水道水がおいしいので、浄水器つける人すごく少なく苦戦しているそうです。
                       参照http://water.uraro.net/
[PR]

by driveschool | 2011-07-09 19:14 | 鈴木 指導員